夏 スキンケア

夏のスキンケアポイント!紫外線量がピークに・・・。

夏は気温・湿度が高く、紫外線量もピークです。外的要因から肌を守ると同時に、ダメージを受けたらすぐにリフレッシュをしましょう。
夏は汗や皮脂の分泌が増えて、肌もベタつきがちです。特に汗っかきの人、日頃から肌がオイリーに傾きがちな人は、朝のスキンケアが重要です。
汗や皮脂を抑えたいなら、クールタイプの化粧水を使いましょう。オイリー肌のひとなら、アルコール入のものを使っても構いません。ひんやりとした使い心地で、毛穴の引き締めにも有効です。

冷房によるうるおい不足は肌の大敵

夏に冷房はつきものです。エアコンの中では、肌は乾燥しやすくなります。乾燥肌の人はもちろんですが、オイリー肌の人も油断大敵です。Tゾーンやあごは脂っぽいのに、ほおや目元がカサつく感じがするという「かくれ乾燥」には十分注意をしましょう。冷房の効いた室内に長時間いる場合は、化粧水に美容液を混ぜた「自家製ミスト」など、うるおい不足解消アイテムを用意しておき、シュッとひと吹きしましょう。

夏肌のお手入れポイント

化粧水テクニックで化粧くずれも安心

夏は、乾燥肌でもオイリーに傾きがちです。
メイク前に、オイリーになりやすい部分は収れん化粧水などでパッティングして、毛穴を引き締めましょう。水分不足になりやすい部分は、化粧水パックで水分補給すればベストです。

 

効果的なUVケアで秋に差がつく

夏の紫外線ケアは入念にしたいもの。化粧くずれが激しければ、日焼け止め剤はこまめに塗り直すことが必要です。ファンデーションも紫外線防止効果のもるものを使いましょう。洋服が汚れる心配がないときは、首の後ろなどにもつけると有効です。

夏のスキンケア・メニュー 朝・夜のお手入れ

朝のスキンケア・メニュー

1 洗顔
気温25℃以上の熱帯夜になると、眠っている間もかなり皮脂を分泌しています。睡眠中にたまった汚れを、まずぬるま湯か水で洗います。次に石鹸洗顔をします。夏は、洗顔後に肌が熱を持たないように、水で十分すすぎましょう。

 

2 化粧水
紫外線によるシミ・ソバカスが気になる夏は、美白化粧水を使います。冷房による乾燥対策のために十分な水分補給をします。脂浮きが気になる部分は、収れん化粧水のパッティングで毛穴の引き締めを行います。

 

3 美容液
保湿効果の高い美容液で、肌の乾燥対策をしっかりします。エアコンの影響で「かくれ乾燥」になる人も多いので、カサつく部分には重ね塗りをします。肌への浸透力が高いビタミンC誘導体入りの美容液がおすすめ。美白化粧水と合わせて使うと、美白成分もより効果的にはたらきます。

 

4 UV下地
夏の朝のお手入れでは、紫外線をカットする効果のある機能性化粧品を上手に使うのがコツです。スキンケアの最後に、肌を紫外線からガードするUV下地を使うとよいでしょう。

 

夜のスキンケア・メニュー

1 クレンジング
汗や皮脂がたまり、紫外線にさらされた肌のためにも、帰宅後はなるべく早くメイクを落としましょう。

 

2 洗顔
メイクや日焼け止めクリームを使用した人はダブル洗顔、なにもつけなかった人は予洗のあとに洗顔を。石鹸をしっかり泡立てて、やさしく洗います。顔で石鹸を泡立てず、きちんと手で泡だてます。

 

3 化粧水
就寝中でも汗をかきやすい夏は、化粧水で水分を補給すると同時にパッティングで毛穴を引き締めると、皮脂の分泌を抑えることができます。乾燥部分は化粧水パックでケアをしましょう。

 

4 美容液
つけたあとにすっとなじむ感触の美容液を使います。エアコンなどで肌の乾燥がすすんだ日は、美容液パックで癒やします。シミに効果的なビタミンC誘導体やハイドロキノン配合のものがおすすめです。